日本の100階段の庭は、これまでに一番美しい記念碑かもしれない

安藤忠雄氏は、一度の埋立地を淡路島に集まる公園に変えようとしていた時、シンプルなビジョンを念頭に置きました。しかし、地震の後、日本の海岸から遠くない地域を荒廃させた後、建築家は彼の計画を改訂し、公園を最も美しい記念碑に変えました。

山の側面に建てられた百谷園は、1000人以上の地震被災者の遺跡を忘れずに記念碑的な役割を果たしています。また、地域の活力と自然の壮大さを思い出させるものです。

山の側面をカスケードする100個の正方形の庭のパッチが特徴で、公園は息をのむようなビジョンです。年間を通して、各花壇は季節に応じて変化し、最も暖かい月から最も寒い月まで、色とテクスチャの活発な配列を維持します。

魅力的な庭園の上を歩くか、またはエクスプレスエレベーターを利用して、周辺の景色は植物と同じくらい驚異的です。安藤氏は90年代に事業を開始して以来、ホテル、会議場、円形劇場、数多くのレストランがこのエリアに建設されました。

この移動式記念碑は日本の壮大な庭園のひとつです。竹道からカラフルな花畑まで、庭園愛好家の夢です。しかし、長いフライトに興味がないなら、常に本物と同じくらい良いポートランドの日本庭園があります。

Loading...