ウクライナ大豆の輸出可能性は260万トンを超える

9月から2016年にかけての1年間で、ウクライナは大豆の輸出実績が崩壊した。その供給量は15.5百万トンで、前年同期比で41%増加し、9月の過去の結果と比較して19%増加したAPK-InformのアナリストYulia Ivanitskaya氏は、2月15日、国際会議「大豆とその製品:効率的な生産、合理的な使用」でレポートを発表しました。

アナリストは、2016〜2017年のウクライナからの大豆輸出APK-Informの2月の予測は、油糧種子供給の絶対最大値に達するために255万トンであると付け加えた。 2015年から2016年にかけて、ウクライナは237万トンの大豆を輸出し、2014年から2015年には242万トンを輸出したことを思い出してください。また、USDAのアナリストは、イワニツカヤが強調したウクライナからの大豆輸出の予測を260万トンに増加させた。同時に、APK-Informのアナリストは、油糧種子処理の予測を減らすことによって、出荷率が比較的高いため、輸出見積もりをさらに高めることができます。

大豆部門の動向としては、輸出がより魅力的となり、ウクライナの油糧種子やケーキの価格は加工や縁度の良い節約をもたらすことができないため、国内市場の油糧種子の加工とは対照的です。現在のシーズンでは、大豆ミールの価格は大豆に比べて低くなり、大豆ミールと脂肪種子の間の価格の広がりは低下し続けている。したがって、今後、ウクライナの大豆加工の収益性が回復しなければ、APK-Informは油糧種子や輸出の現在の予測も修正するとIvanitskayaは述べています。

Loading...